サポートも充実|脂肪の原因となるコレステロールを下げる食事法

細胞膜を構成する成分とは

男女

本来は大切な成分

コレステロールは、体に悪影響を与える物質のように考えられていますが、本来は血液中で大切な役割を担っているのです。これが過剰に生成されることで、体にダメージを負わせることになってしまいます。コレステロールは、元々は体の細胞膜を構成する大事な成分です。また、副腎皮質ホルモンが生成されるのに必要な成分でもあります。これは、体内の水分の調整をするためや、ストレスを受けたときに分泌されるホルモンです。また、胆汁酸という脂肪の消化吸収を助ける働きをする物質をつくる働きをします。コレステロールは、30%が食事から摂取され残りの70%が肝臓などで合成されます。通常は、食事でコレステロールを摂り過すぎると、体内ではその合成量が減る調整機能が働きます。

改善方法とは

しかし、食事でたくさんのコレステロールを摂りすぎると調整機能が低下し過剰になってしまいます。過剰になったコレステロールは血液中に残ってしまい、酸化すると首や脳の動脈の血管を固くして血液の流れを悪くしてしまいます。動脈硬化は、脳梗塞など命に関わるような病気を引き起こします。コレステロールを下げるには、食生活の改善が必要で、脂質や糖質の過剰摂取を控えることが大切です。それにアルコールを控え、繊維質の多い野菜を摂ることが必要です。DHAやEPEを多く含む青魚を摂ると、これは中性脂肪値を下げる効果があります。中性脂肪を減らすとコレステロールも減少します。また、オメガ3脂肪酸が豊富なアマニオイルやナッツを摂取することも有効です。これらの成分は、サプリメントなら効果的に体にとり入れることができます。