サポートも充実|脂肪の原因となるコレステロールを下げる食事法

食事対策が重要です

笑顔のシニア夫婦

LDLのコントロール

これまで卵や肉はコレステロールが多いから、コレステロールを気にしている人はあまり食べない方が良いと言われていました。しかし、食事からのコレステロールは全体の2割程度に留まっていて、血中のコレステロールの値を大きく高めたり、狭心症や心筋梗塞の発生率を高めたりすることはないとされました。そのため、日本でもアメリカでもコレステロールの摂取上限は撤廃されました。しかし、悪玉コレステロール(LDL)の値が高い人は、狭心症や心筋梗塞のリスクが高まることは膨大な症例で示されています。50歳以上の日本人の男性は3分の1が、女性は半数がLDLの値が140mgを越えているため、今後もLDLの値をコントロールするために、健康食品やサプリメントの市場は拡大すると予想されます。

サプリメントを補助で使用

悪玉コレステロール(LDL)を下げるには食事対策が最も重要です。成分としてDHA、EPAやナットウキナーゼが血液をサラサラにしてLDLを下げる効果があります。青魚や納豆を積極的に食事に取り入れることは大事ですが、簡単に有効成分を摂取するには、サプリメントが人気になっています。サプリメントは食事なので、摂取する時間や量に厳しい取り決めはありません。そしてLDLを下げることを目的にしたサプリメントは多種多様なので、ドラッグストアや通信販売で多くの商品を選ぶことができます。DHAやEPAサプリは魚から抽出しているものが多いですが、魚が苦手な人でも飲みやすいように臭いを軽減しているものも発売されています。