サポートも充実|脂肪の原因となるコレステロールを下げる食事法

中高年の健康対策

薬剤

コレステロールには、善玉と悪玉があります。善玉コレステロールが余分なコレステロールを血管内から回収してくるのに対し、血管の中にコレステロールをばらまく性質を持っているのが悪玉です。2つのコレステロールは、体内で適度なバランスを保って存在していることが求められています。ですが、昨今では悪玉が異常な高値を示す中高年世代が増えている状況です。悪玉によって血管内に放置され壁に付着したコレステロールは、血管の幅を狭くして血液の流れを阻害します。状態がより悪化して部分的な閉塞が起きてしまうと、脳梗塞や心筋梗塞といった重篤な病気を誘発してしまうことが問題です。悪玉コレステロールは、このように様々な病気を引き起こします。

病気の一因となる悪玉コレステロールは、極力減らしていくことが大切です。こういった場合に役立つ素材としては、オメガ3と呼ばれるタイプのオイルが挙げられます。このタイプのオイルは、主に魚やナッツ類などに含まれているのが特徴です。サバやマグロなどの青魚やクルミなどが、オメガ3の含有量が多い食品として知られます。オメガ3は、悪玉コレステロールや中性脂肪などの値を下げる働きを持ちます。ですので、コレステロールによる害を心配している方には、最適な成分です。健康食品の中にはこのオメガ3を含むものが多く見られるようになっており、動脈硬化が気になりだす中高年世代には広く愛用されています。手軽にオメガ3が摂取できるのが魅力です。